スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後輩の活躍・Ⅰ

みなさんこんにちは。

いぐさロール担当のオガタです。

ついこないだの事です、

芸工大(※東北芸術工科大医学)

卒業制作展に行って来ました。
http://www.tuad.ac.jp/sotsuten/

今回は畳を使って作品を作りたい!という

誰かさんみたいな学生が、

芸工大からは2人

ウチに相談しに来てくれていたんです。

では早速紹介いたします。

堀さんです。

堀1

畳を使った作品を作るというテーマではありましたが、

ただ畳表を使用して、

珍しい形の造形物を作るだけでは何も意味がない。

実際に い草が生産されている熊本の現場を見て、


素材から勉強したい!

とすごく気持ちを入れて制作に励んでいました。

ということで

ヘッドギアを装着して作業開始~(^^)


堀2

これは朝ごはんの前にやる作業です。

時間は5時6時かそれよりも早いくらいです。
※農家さんによって作業時間は異なります。

気温は恐らく、

もうすでに20度近くそれ以上あるのではないでしょうか

そしてこの黒い袋

中には乾燥窯から出てきたばかり

ほっかほかい草が入っているんです。
堀3

これを一つひとつ

手で持って運んでいきます。

堀5

そしてコンテナがいっぱいになるまで積み上げます。

地味な作業ですが、

けっこうキツイんですよ。
堀4

でも

作業は続きます。笑

朝ご飯を食べてからも働きますよ!

今度は田んぼに出ての作業です。

たぶんこれが初めての

田んぼに生えているい草とのご対面ですね。

この作業は い草が真っ直ぐに伸びるように

取り付けられているを外す作業です。

堀6

網を外したら畳屋道場恒例の い草刈取りの始まり始まり♪

堀7

刈り取った い草をコンテナに積んでいるところですね。

この作業は次に乾燥釜での い草の乾燥の工程へ繋がります。

しかしながら

この蒸し暑い気候の中、

しかも初めての作業、、

積むというだけで必死です(^^)

頑張ってるのが伝わりますよね(^^)

堀8

たまにはこうやって風を浴びたくもなりますね。(^^)

堀9

そしていよいよ彼女のデビューの時が来ました!

ひとりハーベスターです!!
※ハーベスッターとは い草の収穫機の名前です。

自分で操縦し、刈り取られていく い草の束をコンテナに積んでいきます。

ゆっくり進むハーベスターですが、

難しいんです。

私が初めて乗った時は軽くパニックになりました。

堀10

そして今日一日の作業を終えて、

お疲れ様でした!

の一枚。

堀11

48時間ぶりの笑顔でしょうか。

彼女の作品については

また次々回で紹介いたします♪

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。