『第75回インターナショナル・ギフトショー・春2013』3日目

第75回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2013
2月8日 最終日を迎えました。

ギフトショー 21

このブースとも今日でお別れです・・・。

先日の来場者は7500名!やはり多くの方が来られましたね~。

今日は最終日ですので、駆け込みで来場される方が増えると予想されます。

ギフトショー 11

そんな中、高そうなカメラをお持ちの方が訪れました。

尾形君が説明している方は、『家具新聞』の記者さんです。

ギフトショー 12

凄く熱心に聞いてきているご様子。

尾形君も一生懸命説明しておりました。40分ぐらい

(その後、3月6日号の家具新聞に、いぐさロールが掲載されました!)

ギフトショー 13

この方々はロシア人の女性と通訳(?)の2人。

ロシアには日本文化があまり入って来ていないらしく、興味を持たれていました。

ギフトショー 14

外人さん相手だと尾形君の説明にもが入ります。

ギフトショー 19

お昼ご飯休憩のとき、まだ見ていない区画を上から写真を撮りました。

歩いていない場所があんなにも・・・見ているだけで疲れます。

ギフトショー 3

と言う事で、何とか無事に展示会を終えることが出来ました。

問題はここからでした・・・。

ギフトショー 24

今日は東京ビックサイト全会場のブースが一気に

撤収作業を行
う事を、かなり甘く考えておりました・・・。

ギフトショー 16

近所の皆さんは着々と撤収作業をこなして行かれます。

そしてその場に荷物を置いて、各運送会社の『送り状』を貼り付けて帰れます。

弊社『ベッド・ベンチ』等は、普通便では送れないので、『引っ越し便』

という特別便です。荷物の到着時間指定はもちろん

集荷の時間指定も不可能
という恐ろしいものでした・・・。

ギフトショー 17

連絡しているのは、『5時~7時の間に集荷できる』というアバウトなもの。

荷物の梱包作業は30分で終了。ただ運送会社さんが来ない

ドライバーさんの携帯を教えてもらい電話すると、『ビックサイトの近くにいるが

渋滞で近づけない』との答え。そりゃそうだよね、車も混むよ。

そして待つこと3時間

帰りの新幹線が最終8時44分。東京駅まで20分・・・。

最悪を考え、尾形君は先に東京駅へ向かってもらいました。東京もう1泊か・・・。

そんな考えが浮かんだ時、やっとドライバーさんが8時に到着!

嬉しさのあまり、写真を撮り忘れ。まあ結果的には間に合いましたが、焦りました。

そんな中、最後まで中小機構のスタッフさんが付いていてくれたので

心強かった。誰も居なかったら泣いてましたね。確実に。

こんな感じで展示会を終え、現在に至ります。

今後、4月には『いぐさロール専用ホームページ』の立ち上げ。

5月には本格的に販売していきます!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する