平成24年度 い田植え体験研修 2日目

11月26日、い田植え体験研修2日目の朝。

先日の天気予報の通り、朝から『強い風と雨』が巻き起こっておりました。

本日予定していたい田植えは中止になり、朝から『株分け』の作業をやることに。

い田植え 40

一日中この部屋の中で作業をこなしていきます。

ここでは吉住さん一家と近所の丸吉さんご夫婦が一緒に作業を行います。

もちろん皆様作業は達人ですので、細かい指導を受けつつ

黙々と株分けをしておりました。黙って仕事をしているのは自分1人だけで、

周りは笑い声が絶えない明るく楽しい雰囲気です。自分以外・・・。

い田植え 41

休憩中も話は尽きません。会話に入っていけない理由は簡単、

言葉・会話が理解できない・・・

たまに話題を振られても、ほとんどが『下ネタ』『彼女はいるのか?』

など、生々しい会話がほとんどでした。もちろん真面目な話として

い草農家さんの現状や今後の話、畳屋道場の今後について

色々なお話をさせて頂きました。お互いに普段聞くことが出来ない話題ですね。

い田植え 62

途中で『ブロッコリー』の差し入れを持って来れれた方が、『お、5号だね』

吉住さんに言っていました。5号とは、品種改良されたい草の苗の呼び名との事。

品種名は『ひのはるか』という名前です。改めて畳は農産物

だと感じます。今はブロッコリーを農家の方も、元々い草農家さんだったそうです・・・。

休憩も終わり、午後からも同じ作業を続けていきます。

い田植え 42

そのころ吉住さんは、これから田植えを行う田んぼを整える作業をしていました。

い田植え 7

い田植え 8

株分け作業と明日の準備を行っていきます。

整理整頓するぐらいしかお手伝いが出来ませんが・・・。

い田植え 43

い田植え 48

い草を詰めて、これからのい田植えにも備えます。これを永遠と繰り返します・・・。

い田植え 45

他の農家さんでは、畳屋さんがのびのびと田植えを楽しんでました。

い田植え 11

そして研修会2日目は、恒例の大懇親会の開幕です!

熊本の『熊本日日新聞』の記者さんが参加していたり、

い田植え 66

久しぶりの再会を喜ぶ畳屋・農家さんの楽しい宴は

夜遅くまで続いていきました。明日の事をちょっとだけ考えつつ・・・

い田植え 65

こうして2日目が終了しました。

今回はい田植え初参加の畳屋さんや、入会前の畳屋さんが参加しており、

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

明日は待望田植えが出来ます!

3日目はなるべく農家さんのお手伝いが出来るよう頑張ります!!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する